シンプルライフ:家具で悩む

壁面収納のメリット・デメリット

広い空間を演出したい方に人気の壁面収納ですが、壁一面が利用できるためメリットが多くあります。
昔はやった作り付けの家具のようなものではなく、棚のようになったものが現在の主流で、奥行きはそれほど深くありません。扉は観音開きではなくスライド式で全面に家具を配置しても使えるものなども人気です。

天井付近まで収納できる反面、それがデメリットとなることもあります。
手が届かないというデメリット以上に、使わないものは上に閉まっておこうということで、しまわれたものが二度と使われずに放置されるということが出てきます。
季節のアウトドア用品であれば年に数度出して使うことも可能ですが、ややもすればものを貯めこむ場所とかしてしまいます。

素材を統一しては?

プラスチック性のものだと安っぽく見えますが、色と形を揃え、かごやバケツとして用いるのはおしゃれだと思います。
天然木の棚に配置してもいいですし、同じ棚を使ってもリビングには籐家具のかごを利用し、油汚れがつきやすいキッチンにはプラスチック性のものを使うのです。

快適に暮らせる条件の一つは、掃除がしやすいというのもあるでしょう。
キッチンにはそのような素材のものを取り入れておくのです。
丸洗いでき、すぐに乾いてしまう素材のものはピッタリです。

部屋によって素材を統一すればセンスのあるお部屋が演出できると思います。

家具派? 取り付け派?

人が暮らす住まいでは、住む人の年齢や人数によって収納のスタイルも違ってきます。

それは流行にもよるもので、だいぶ前は作り付け家具が大人気だったものです。
作り付け家具にする利点は、新しく買う家具が少ない、スペースを広く保てるというメリットが有りました、

しかし、流行のファッションによってワードローブが作り付け家具に合わなくなったり、ソファーを入れるということから作り付け家具がデメリットになるということもあったのです。

あなたは家具を買って楽しみたいでしょうか?
作り付け家具で家財を減らしたほうが良いと思うでしょうか?
今現在いる家族だけのことだけを考えず、収納スペースについてリフォームをしたほうがベストと言えます。

シュミレーションしてみよう

お洒落な間取りで家を作っても、家具が合わないこともあります。
部屋の雰囲気に合うものを購入したとしても、サイズが合わないということもあるようです。

おしゃれなマンションを提供しているホームページでは、間取り図の中に家具を配置できるものもあります。
シュミレーションできるというわけです。

家を建てる場合に必要なのは、空間のサイズをきちんと把握することです。
それによって失敗のない買い物ができます。

完成した時に全てピッタリと収まらないこともあります。
そこまで考え、少しゆとりが出来るようなサイズで家具を買われてください。

キツキツ、入らないとなると、最初のイメージと異なり、居心地悪い空間になることもあるのです。

すっごくおしゃれです!本気で欲しい…!